借金の肩代わりをしてくれた姉に感謝しています

私が実際に体験した借金のお話です。お金を借りた相手は実の姉です。話は8年ほど前にさかのぼります。

 

 

私は姉と二人姉妹でした。実家は田舎でそこそこの商店を営んでおり、姉は旦那さんとその店の後を継いで実家の両親と四人で暮らしていました。姉の旦那さんはいわゆる「マスオさん」でしたが、穏やかで、働き者、両親も大切にしてくれていました。

 

 

私はというと、都会で気ままに一人暮らし。毎日、楽しく暮らしていました。ただ、歳を重ねるごとに、周りの友達は結婚していき、だんだんと一人の孤独感も感じるようになってきました。
 

そんな矢先、姉から一本の電話がありました。いつも、忙しい姉からメールではなく電話が来るのは珍しいことです。

 

 

電話の内容は、両親も歳をとってきて、自分たちだけでは両親の面倒と、店の切り盛りは大変なので、仕事を辞めて実家に帰ってきてくれないかとい話でした。そろそろ、都会の暮らしでの寂しさも感じてきたときで、慣れ親しんだ田舎で暮らすのも悪くないかとも思いましたが、私には一つ大きな問題がありました。

 

 

実は、銀行のカードローンや、クレジットでの限度額ぎりぎりの買い物などの返済に毎月追われていたのです。借金の総額200万円くらいになっていました。田舎で、まして自営業では、月々の返済もままならないと考えました。

 
私は、姉にその実情を話しました。借金さえなければ帰れるとも。しばらく姉は悩んでいた様子ですが、最後には私の借金を全部肩代わりしてくれました。旦那さまには内緒で。もちろん、実家に帰ることが条件でした。

 
あれから、8年がたち、姉は返さなくてもいいと言ってくれましたが、私は毎月お給料から1万円ですが姉に返しています。
 
破産宣告をする場合には下記のサイトを参考にしてみてください。
 
破産宣告
 

どんな借金だとしても覚悟と返済の自信がなければならないですね。